FAR Deferred TAX (繰延税金)

FAR USCPA


発生する典型例

Excess of Depreciation

⇒会計のDepreciationがTAXの考え方に対して少なすぎ。つまりTaxable Incomeは会計で出てくる数字よりも実際にはもっと少ないはずだ。

ではその税金はのちのち払うことになるから、これは負債として認識しよう。⇒Deferred tax liabilityを生む。

Warranty のProvision

会計上はワランティはmatching principleの考え方かた商品を売った瞬間に発生させるのだが、、、taxはwarranty costが必要となったときに発生させる考え方。

⇒そうすると将来のwarranty costは無視すべきだから、taxable incomeはもっと多いはずだ!⇒Deferred tax assetをうむ。

過去の損失

USでは、過去の損失は2年間さかのぼれ、20年間ぶつけることができる。

まとめ

eventA/Ltemp?
Excess Dep DTLTemp
Pre received cashDTATemp
Interest on Munnicipal Bond Permanent
WarrantyDTATemp